自宅をバリアフリーにリフォームするときにかかる費用

バリアフリーのリフォーム費用ってどのくらい

バリアフリーにするときのリフォーム費用

バリアフリーとは、身体機能が低下したお年寄りや、身体に障害を持っている人たちが日常生活を送る上で、障壁となっている設備や、壁などを取り除こうという取り組みのことです。 日本でも、近年、いろいろな分野でバリアフリーに対する取り組みが見られます。

身近になったバリアフリー

家全体をバリアフリーにリフォームするときが来たら、いったいどのくらいの費用が必要になるのか不安になると思います。
そんな人のために、いくつかの項目に分けて目安を調べてみました。
一つ目は、手すりの取付です。
一本で25,000円程度、L型手すりは45,000円程度で、階段回りに取付の場合は、16万円ほどになります。
手すりは、玄関、階段、寝室など、あらゆる場所に必要なものなので結構な金額になってしまうかもしれません。
二つ目は、お年寄りに多いつまずきの原因とされる段差ですが、解消する事や、段差を小さくするなど、いろいろな方法があるようです。
相場は大体40,000円程度になります。
車いすを使用している人にも、段差は重要な課題となります。
一番使用頻度が高いトイレは、和式から洋式へのリフォームで200,000~500,000円ほどとなり、浴室については、ヒートショックのことも考えて、浴室暖房器付きにすることで140万円くらいから出来るようです。
その他には、出入り口や廊下を拡張したり、足元が良く見えるように照明の付け替え、トイレを近くに設置する為、押入れをトイレに変えたりというような内容もあります。
このようなことを全部一気にリフォームすると、総額500万円から1000万円くらいになるようです。
結構高額な費用ですが、いつかは自分にも降りかかる問題なので、今すぐ必要ではなくても、徐々に準備はしておきたいものです。

介護保険からの補助金

バリアフリーのリフォームは、便利と安全さを重視して考えたいものですが、予算のことも気になります。 しかし、条件によって異なりますが、介護保険で9割を支給してもらうことが出来ます。 自治体によって、独自の助成制度もあるようなので、市町村に問い合わせてみる事をお勧めします。

バリアフリーリフォームをすると減税に

バリアフリーリフォームをすると、固定資産税が減額になる制度があります。 改修工事費が50万円以上、賃貸住宅で無いことなど、一定の要件が揃えば翌年度分の固定資産税が3分の1減税となります。 いろいろな制度を活用して、少しでもお得にリフォームしましょう。

links

狭山市で住居のリフォームをお考えの方に

狭山市でのリフォームをお考えですか?水まわりから大掛かりな増改築まで、過去の事例をチェックしよう!

内装をカスタマイズできる渋谷の賃貸物件はある?

賃貸でも自分好みにカスタマイズしたい!そんなこだわり派のあなたも満足の渋谷の賃貸情報をお届けします。

二宮の地元密着の不動産会社は?

不動産取引なら大手もいいけど地元情報に強いところがいいですね。二宮で不動産取引をしたい方必見です。

誰からも愛される物件を提供する日本ワークス

街の雰囲気に溶け込む日本ワークスのマンションは、築年数を経ても住みやすいと評判なのです!

日本ワークスの自社ブランドとは?

ブライズやベルグレードと言った自社ブランドマンションを持つ日本ワークス!その秘密を公開!

TOPへもどる