自宅をバリアフリーにリフォームするときにかかる費用

バリアフリーのリフォーム費用ってどのくらい

>

バリアフリーにするときのリフォーム費用

バリアフリーのいくつかのポイント

まず、玄関に入る為には、段差をスロープにする必要がありますが、距離を取らないと勾配が急すぎてしまう場合は、庭を回って入るようにするとか、小型スロープを使って解消することが出来ます。
続いてトイレですが、車いすのことを考えると、幅は最低でも120センチあることが望ましいようです。
トイレや洗面などは、介助者が入るスペースも設けておきたいので、2メートル四方ぐらいあるとゆったりと使うことが出来ます。
浴室は、家の中でも一番危険な場所なので、多くの注意を払わなくてはなりません。
滑りにくいこと、動きやすいこと、さらには、保温性に優れていることも重要です。
階段では、転落防止のために、滑りにくい材質にすることや、握りやすい細さの手すりを付けるのも効果的となります。

バリアフリーをDIY

リフォームするほどじゃないけど、ここに手すりを付けたい、ちょっとの段差を無くしたい、と思っているなら自分でバリアフリーをしてみてはどうですか。
今、自分で簡単に取り付け、設置が出来るような商品がたくさんあるので、ホームセンターやネットで見つけることが出来ると思います。
玄関や、お風呂での手すりは、転倒防止だけではなく、立ち座りの動作にも役立ちます。
湯船に入る時の高低差は、よろけてしまう危険もあるので、支えになる手すりはとても大事なものです。
部屋との敷居の段差は、健常者にとっては、何の障害にも思いませんがお年寄りや車いすの人からすれば、少しの段差もつまずきの原因となり、とても危険なのです。
ほんの少しの工夫でけが防止に繋がるならやってみる価値があるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへもどる