自宅をバリアフリーにリフォームするときにかかる費用

バリアフリーのリフォーム費用ってどのくらい

>

バリアフリーリフォームをすると減税に

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

バリアフリーとユニバーサルデザイン、同じ意味のようですが、どんな違いがあるのでしょう。
障害を持つ特定の人に向けて行うバリアフリーに対し、ユニバーサルデザインとは、性別、年齢、障害があるかないかに関わらず、誰にでも便利で使いやすく作られているものを指します。
階段の横にスロープが設置されていれば、バリアフリーになりますし、トイレのドアが自動で開閉できるといったことは、ユニバーサルデザインとなる訳です。
例えばトイレなど、ユニバーサルデザインを重視しておけば、後々、バリアフリーに作り替える必要もなくなるので、これからの社会はユニバーサルデザインを意識していくことが大切になってくるのではないでしょうか。

バリアフリーと観光

今、バリアフリー専門の観光会社が、各地にあります。
日本の観光地でも、バリアフリーへの取り組みが進み、障害者の人でも気兼ねなく旅行を楽しむことが出来るので、専門の会社が徐々に増えているのです。
あるお寺では、砂利道でも動ける電動車いすの貸出をしていたり、温泉地では車いすのまま足湯に浸かることが出来るようになっています。
さまざまな場所で、エレベーターが設置されていたり、多目的トイレもよく見かけます。
宿泊施設では、車いすでもゆったりと過ごせる広い部屋や、段差の少ない和洋室、電動ベット完備の部屋などがあるようです。
自分の足では行けなくても、旅行を気軽に、安心して楽しむことが出来るなんて素敵なことですね。


この記事をシェアする
TOPへもどる